ハチの巣駆除は危険がいっぱい|ハチの種類を見極めよう

服装に注意しよう

一軒家

自宅の屋根や庭裏に出来たハチの巣を自分で駆除したいと考えている人は、駆除する際の服装に注意しましょう。明るい色の服装や肌の露出を避け、頭皮や目を守ることが大切です。

詳しくはこちら

素人には危険な駆除作業

蜂

ハチは猛毒を持っているため刺されると大変危険です。アナフィラキシーショックを起こし、死に至ることもあるのです。そのため、自宅にハチの巣を発見した際は、すぐに駆除する必要があります。とはいえ、素人が安易に行なってしまうとハチに刺されてしまう危険があります。ハチの巣を発見したらむやみに近づかず、すぐに専門業者に駆除を依頼しましょう。ハチの巣を駆除する際は、ハチの種類を把握することが大切です。マーブル模様の壁で覆われている巣はスズメバチ、半円型で六角形の穴をいくつも形成している巣はアシナガバチ、巣板を連なって蜜を作り出すのはミツバチです。目視でハチの種類がわかる場合は、駆除業者に依頼する際、電話口で種類を伝えると適切です。その場で適切なアドバイスをもらうことができ、駆除する際もスムーズに終わります。

ハチの巣駆除は平均10,000円で依頼することができます。また、日本にはハチの巣を専門にしている駆除業者が数多く存在します。とはいえ、どこに依頼しても同じではありません。信頼できるハチの巣業者に依頼することが大切です。手抜き作業をする悪徳な業者に依頼してしまうと、ハチの巣が再発したり、室内に逃げ込んだハチにより刺されたりする恐れがあります。安全を考慮してしっかりと作業してくれる業者に依頼しましょう。また、保証がしっかりしている業者を選ぶことも大切です。ハチの巣が再び発生した際、無料で駆除してくれる業者もあります。ハチは何度も同じ場所に巣をつくることがあるため、これらのことをふまえて業者を選びましょう。ちなみに、業者によっては1匹から駆除してくれるところもあります。ハチを自宅で発見した際は、まずハチの巣駆除業者に相談すると適切です。

ハチの種類

駆除

自宅にハチの巣を作るハチには主に3種類います。アシナガバチとスズメバチ、ミツバチです。習性を利用すれば安全にハチの巣を駆除することができます。とはいえ、ハチの巣が15センチ以上のものは危険なのでハチの巣専門の駆除業者に依頼しましょう。

詳しくはこちら

再発を防ぐには

作業員

ハチは同じところに戻ってくる場合があります。特に被害が多くなる夏や暑い時期はハチの巣の再発に注意しましょう。再発を防ぎたい場合は、保証がしっかりしているハチの巣駆除業者に依頼しましょう。

詳しくはこちら