ハチの巣駆除は危険がいっぱい|ハチの種類を見極めよう

服装に注意しよう

一軒家

ハチは木に巣を作る習性がありますが、人間界では住宅の屋根に巣を作ります。ハチの巣が玄関や庭先にあると刺されてしまう可能性があります。そのため、ハチの巣を見かけた際は大きくなる前に駆除する必要があります。女王蜂は子供を生み続けるため、巣に生息するハチが次第に増え続けていきます。被害に遭いやすくなるため注意しましょう。自分でハチの巣を駆除したいと考えている人は、ハチの被害を考えて服装に注意しましょう。ハチは主に暗い色を認識する習性があります。黒や濃い赤などの暗い服装はハチの攻撃心を煽ってしまい刺されやすくなります。そのため、黒髪の日本人は頭皮を刺される被害が相次いでいるのです。ハチの巣を駆除する際は、白などの明るい服装を心掛けましょう。

最も安全性の高い服装は防護服です。ハチ専用の防護服なら分厚い生地で作られているため、衣服の上からハチに刺される心配がありません。また、白い色をしているのでハチの攻撃心を抑えることができます。とはいえ、防護服は数万円程度するため人によっては購入できないといえます。防護服を用意できない場合は、普段着でも可能ですが、肌を露出しないようにしましょう。また、襟や袖口からハチが侵入してこないように注意することが大切です。その他にも、ハチの巣を駆除する際は帽子やゴーグルで頭や顔を守りましょう。養蜂家が使用する防蜂ネットなら数千円で購入できます。また、地域によっては市役所や自治体から防護服や防蜂ネットをレンタルすることができます。まずは一度問い合わせをしましょう。