ハチの巣駆除は危険がいっぱい|ハチの種類を見極めよう

再発を防ぐには

作業員

ハチは寒さに弱いため、夏の気候に活動します。そのため、夏にはハチの巣の被害報告が増大します。また、ハチは一度巣を駆除しても再度同じ場所に戻ってくることがあります。また、雨や風が防げる屋根裏などを好む習性があるので、違う種類のハチが同じ場所に巣をつくることもあります。ハチの巣は再発しやすいため一度駆除したからといって安全とは言い切れません。再発を予防するためにも、駆除したら専用のスプレーを吹き付けるようにしましょう。特に夏は再発被害が多いので、暑くなる前に対策をすることが大切です。また、ハチの巣駆除を業者に依頼すれば、再発した際、保証が適用されることがあります。

自分でハチの巣を駆除すると、再発した際の駆除も自分で行なう必要があります。専用の駆除スプレーを購入するなどの手間やお金がかかります。しかし、業者に駆除を依頼すれば、保証期間内なら無料で駆除してもらうことができます。保証がしっかりしている駆除業者を見つけることが大切です。また、ハチの巣を駆除する際、業者では再発を防ぐ施行を施してくれます。ハチが嫌うニオイや成分が配合されたスプレーや薬剤を塗布してくれます。ハチは都会にあるビルにハチの巣をつくることもあります。いつ、どこで被害に遭うかわからないので、まずは一度自宅の周りを散策してみると適切です。人間が思いもよらないところにハチの巣をつくることもあります。気になる場合は、ハチの巣駆除業者に依頼して調べてもらいましょう。